2021年08月22日

音楽室付きリノベーション 完成間近! 木場のシェアスタジオ

03-1.jpg


進捗報告も最終回となります。

工事終盤、仕上げ段階にはいったところ。

吹き抜けの壁は、漆喰で少しコテムラある仕上げにしてもらうことになりました。




03-2.jpg


9階の中庭は、植栽を撤去し、明るい色のタイルで仕上げました。

音楽室利用の際には、テラスとしても活用できるようになりました。



03-5.jpg


鉄骨階段は、手すりと格子を追加しただけで、ほぼそのままの塗装仕上げ。



03-3.jpg


アクセントカラーは、オーナーさんのご要望を聴きながら、見本を作って最終決定。

ブラジル音楽のバンドをされていることもあり、ちょっとブラジルを意識しつつ、、、



03-4.jpg


リビングの飾り棚もちょっと個性的な色になりました。

さてさて、どんな感じでディスプレイされるのか、楽しみです。


家具・ブラインド類が収まったら改めて完成写真を撮らせていただく予定です。

また改めてブログにアップいたしますので、お楽しみに!





posted by mikihayashi at 14:54| Comment(0) | 木場のシェアスタジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月15日

音楽室付きリノベーション 工事進んでます  木場のシェアスタジオ

02-3.jpg


工程も中盤にさしかかりました。

大工さんが施工中のものは、リビングの造作棚。
こちらもオーナーさんのご希望で、壁からヌッと出っ張っている飾り棚です。



02-4.jpg


色々ディスプレイして楽しめそうな、遊び心満載の棚です。
下地に固定しているので、非常にしっかりしています。

しかし、大工さんからはくれぐれも「座らないように!」と言われました。


02-1.jpg


音楽室は、ホールやスタジオの経験豊富な建築家の友人にアドバイスをもらいながら、設計、施工をすすめました。

遮音性能も高い、セルロースファイバーを躯体と内壁の間に吹き込みます。

施工後、部屋の中に入ると、「シーン!」と音が吸い込まれる感じがしました。

ということで、内装仕上げの前にまず1回目の防音テスト。



02-6.jpg


ところが、施工途中とはいえ、結果は芳しくなく、、、
施工状況を再チェックし、原因と思われる部分の洗い出しと再検討をしました。

というわけで、まずは防音ドアの取り付けからやり直すことに。

工務店さんも、手戻りも厭わず、非常に前向きに取り組んでくれました。



02-2.jpg


塗装前のパテ仕上げ(?)の壁って、なんとも愛嬌がありますよね。

塗装と漆喰の塗り分けなのですが、色はオーナーさんが塾考の上、色見本でさらに検討。



02-5.jpg


既存鉄骨階段を生かし、グリーンの壁がアクセントとなっている吹き抜けにはスチールの手すりがつきました。

いつもお願いしている鉄骨やさんが、イメージ通りのものをつくってくれました!
こんなことできるんだ、という発見もあり、、、

ものつくりの可能性は無限大。次はどんなお願いをしようかと今からワクワクです。


posted by mikihayashi at 16:14| Comment(0) | 木場のシェアスタジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月14日

音楽室付きリノベーション 始まりました! 木場のシェアスタジオ

01_2.jpg


実は、現場の進捗をブログにアップするのを、サボっておりました。

こちらのメゾネットのお部屋(9階建てマンションの8、9階にあります)のリノベーションのご相談をお受けしたのは、昨年の5月。
コロナで自粛ムードの中でした。

その後、ご提案などしながら、いろいろな事情もあって延び延びとなっておりましたが、昨年暮れからまた動き出し、今年の春についに着工となりました。

既存のお部屋がどんなかと言いますと、、



01_3.jpg

下階にリビングと吹き抜け、キッチン。
上階に浴室など水回りと2部屋というプラン。

依頼主は、こちらのマンション全体のオーナーさんで、この部屋は元々はご自宅用だったそうですが、ほとんど使わない状態だったそうです。
コロナ禍でご主人がテレワークになり、片付けて仕事場として使い始めたところ、寒くて耐えられない!とのことでした。


01_1.jpg

北向きの吹き抜けは確かに寒いでしょうね。

ここを全面的に改修して、趣味でされている音楽仲間と楽しめる音楽室、さらにはマンションの方々にも利用してもらえるシェアラウンジにしたいというのがご要望でした。


01_4.jpg

このメゾネットはご自宅用ということで、9階からも出入りができるようになっています。
中庭を挟んだところに、オーナーさんのお父様が住まわれていた住戸があるという、プライベート感のある特殊な部屋です。



01-5.jpg

4月に入って解体工事が始まりました。

一般的な高さで天井が貼ってありましたが、最上階なので実はかなり天井高さが取れるのです。
平面的な広さはさほどないので、せめて天井を高くして空間の広がりをもたせたいと思いました。

中庭に出るドアは、明るくつながりを感じられるよう、ガラス入りのものに変更します。



01-7.jpg


中庭は、植え込みがあったのですが、オーナーさんのご希望で全て撤去することになりました。
植栽もいいのですが、蟻の行列に困っていたそうです。


01-6.jpg


吹き抜けには、空間的なアクセントになるからと、鉄骨の廻り階段を提案していました。

ところが、解体を始めたらなんと木製だと思っていた既存階段が、鉄骨だったのです!
これを解体して破棄するのは、費用もかかるし、勿体ない、、

ということで、再利用することに!


さて、どんな風に料理する??




posted by mikihayashi at 15:44| Comment(0) | 木場のシェアスタジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする