2010年07月03日

畳も色々 東京の木の家第2号

shakuji_0703_3.JPG


東京の木の家第2号も、引渡が間近に迫っています。

今日は畳屋さんが採寸にきました。
畳もいろいろあるんですよね。中の部分(床と言われます)の作り方から畳表、縁のありなし,そして縁も多種多様。

例えば写真の左上が本物の琉球畳の畳表。右上の細かい目のものが、最近縁なしの琉球畳でよく使われるもの。下のは一般的なもの。

本物の琉球畳はもともと作業をする部屋等に敷かれていた、手織りの大変丈夫なものだそうです。ざっくりした表情で、手作りの素朴な感じがありますね。

細かい目の畳表は、巻き込むのに適している縁なし用。

畳の目数を目安にしてお道具を置く、お茶のお稽古にはちょっと不便かも。


shakuji_0703_1.JPG


階段の養生を外したので、段板も蹴込みも杉の表情が現れました。


shakuji_0703_2.JPG


都倉棟梁、今日はワックスかけですね。
現場では、たいてい蜜ロウワックスを使っています。

私も今日は少しだけお手伝い。

来週も続き、やらなくっちゃ、、、、。





posted by mikihayashi at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 石神井の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック