2017年01月07日

La Bora(季節風ボラ)に会いに、、〜トリエステの旅1〜

mare.jpg

輝く海が見えてきました。

海岸線をしばらく走って、イタリアの東の端っこの街、トリエステにやってきました。


freccharossa.jpg

私たちを運んでくれたのは、こちらの特急、Freccharossa。
2時間半の旅ですが、スーパーエコノミーでなんと15ユーロ(1800円強.通常は3600円)。
日本の鉄道が如何に高いか、、、


view1.jpg

東側をスロベニアに囲まれた港の街、トリエステ。
オーストリアハンガリーの影響が色濃く、文化的にもドイツ語圏の雰囲気があります。


canale.jpg

運河があったり、、、


marina.jpg

ヨットハーバーがあったり、、、



piazza1.jpg

中心部の広場(Piazza del'unita d'italia)は、海に向かって大きくひらいています。


piazza2.jpg

有名なカフェがあったり、、、


piazza7.jpg

夜景は本当に見事です。
あまりの美しさに息を呑むほど、、、

piazza6.jpg

丁寧なライトアップにセンスを感じます。


san justo1.jpg

海を臨む丘の上に、14世紀の初めに建てられた、San Giusto教会があります。
ロマネスクスタイルで大きな薔薇窓が特徴的。


san justo4.jpg

内部はビザンチンの影響を感じますね。金色のモザイクや、アーチの形状に。


san justo 5.jpg

屋根は木造のようです。


san justo 3.jpg

エントランスのドアは、私好み!
質感を変えた材を組み合わせた、モダンなドアです。


bora2.jpg

トリエステといえば、須賀敦子さんの「トリエステの坂道」という珠玉のエッセイがありますね。
そのなかで、強い季節風、北風ボラに吹き飛ばされない様に、坂道には手摺がついている、、という記述があります。

この日は、私も、しっかりボラの洗礼をうけました。
でも、ここに来たのだから、会えて良かった、Bolaさん。


sava.jpgjoys.jpg

トリエステは文学の街とも言われています。

詩人のウンベルト・サバの生まれ故郷であり、ジェームズ・ジョイスはここでユリシーズを構想したと言われていて、お二人の銅像が街中に今にも歩き出しそうに立っています。


san nicola.jpg

旧市街は、歩行者の街となっていて、街路にはカフェのテーブルが並んでいます。
歩きやすくて、とっても清潔な街。


soujiki.jpg

なるほど、こうやって丁寧に掃除をしてくれているからなんですね。



posted by mikihayashi at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | いたりあの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445664018

この記事へのトラックバック