2024年05月08日

家が楽器になる日 葉山一色の家

mizumi.02jpg.jpg

「GW中に一度お越しいただけませんか?美樹さんにこの家のことを説明していただきたいので、、」

お施主さんから電話をいただき、GW最終日に葉山一色の家へ。



mizumi.00.jpg

以前から検討されていたようなのですが、今年は「葉山芸術祭」に参加されているとのこと。
「葉山芸術祭」は30年以上の歴史がある、市民が運営する芸術祭で、音楽からアートまで様々なイベントがこの時期繰り広げられています。


今日はご自慢の「ヴィンテージスピーカーで音楽を聞く」イベントを開催されるそうなのです。


mizumi.04.jpg

私はオーディオには詳しくないのですが、このAltecのスピーカーは、録音スタジオや映画館で使われていたものだそうで、マニアにとっては大変なものらしいです。

すごい迫力と、クリアな音に参加者一同ため息。。。


葉山一色の家のリビングは、実は音楽を聞くには最高の空間にできておりまして。(意図して設計したのではないのですが)
床も壁も、共鳴して、まさに楽器になっていました!


mizumi.05.jpg

この日は蓄音機も借りたとのことで、こちらの視聴もさせていただきました。


mizumi.06.jpg

蓄音機を愛してやまない村田淳一さんが小田原からわざわざ来てくださり、昔のSPレコード(笠置シズ子の「買い物ブギ」)をかけてくださいました。想像していたより、ずっといい音ですね!
蓄音機はゼンマイ仕掛けだから電気も不要。いやいや、びっくり!


mizumi.07.jpg

そのあとは、ハーディングフェーレ(ノルディックバイオリン)の製作者原さんが、楽器の紹介とちょっとだけ演奏を披露してくださいました。
初めて見る8弦のバイオリン。柔らかく、優しい音色でした。


mizumi.01.jpg

mizumi.03.jpg

生き生きした草花と樹木つつまれた家は、嬉しそうに見えませんか?
築12年、住まい手にこんなに大切にしてもらって、なんて幸せなこと。

どうか末長く、育ててあげてください。



posted by mikihayashi at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉山一色の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック