2015年12月30日

箱根の休日 

hakone_14.JPG

年末、小旅行に行ってきました。
今年は、夏休みも、誕生日も、結婚記念日も特別にイベントもせず過し、年末年始も東京で過すことになっていたのですが、ふと思い立ち、箱根まで足を伸ばしました。

一度は訪ねたかった村野藤吾氏設計の「ザ・プリンス箱根芦ノ湖(旧箱根プリンスホテル)」に一泊の旅です。


hakone_1.JPG

レイクビューの部屋から見る、芦ノ湖の夕景は息を呑む美しさ。心を洗われます。



hakone_2.JPG

竣工が1978年ということですから、37年も経っていることになります。
一部改修もされた様子ですが、洗面台がバスルームの外にあり、別途ルームとの間の引戸など、今でも実に素敵です。円形プランのため、各部屋が末広がりになっていて、外部への空間のひろがりを感じます。

hakone_3.JPGhakone_4.JPGhakone_5.JPGhakone_13.JPG

客室がドーナッツ状に配されて、中央部は中庭になっているわけですが、そこにエレベーターコアと階段が2つ飛び出しているわけですが、その丸みを帯びた階段室が独特なシークエンスをつくりだしています。



hakone_6.JPG

客室に行く時に必ず通過するこのロビー。
目黒区役所などでもそうですが、人が通り抜ける場所が立ち止まる場所になる、この空間の密度といいましょうか、、


hakone_7.JPG

宴会場に下りて行く階段ひとつとっても、物語が生まれそう。



hakone_8.JPGhakone_9.JPG

メインダイニングの「トリアノン」
順番待ちの間、ずっと眺めていても飽きません。
あまり歩き回らないように、気をつけつつ、、


hakone_10.JPG

しかし、この人面の照明はすごい。
一歩間違うと、おどろおどろしくなりそうですが、、、



hakone_12.JPG

バルコニー脇にある、スチールの柱は構造的にも効いているのかどうか、、
しかし、その柱の太さが実に巧妙に周囲の木々の幹とあっていて、森の続きのような意匠となっていることを発見。
匠ですね、さすがです。




hakone_11.JPG

2日目は曇り空のため、富士山は臨めませんでした。(ちょっと残念、、)

しかしながら、村野藤吾ワールドを満喫することができました。

さあ、あと年末数日がんばろう!


hakone_16.JPG
posted by mikihayashi at 09:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

小布施の秋

obuse_2.JPG

週末会合があり、土曜日は小布施の街並見学をしてきました。
かなり昔にちらっと立ち寄ったのですが、この日は町の修景に関わった建築家、宮本忠長さんの事務所スタッフが案内して下さいました。


obuse_1.JPG

こんな広場をつくるにも、多くの利権者との調整をしながら、30年程の歳月をかけて造り上げてきた訳で、その努力と情熱には感服いたしました。
そこにあった、風土に根ざした建築の魅力が存分に活かされ、とってもおしゃれな空間になっています。


obuse_4.JPG

この茅葺きと瓦のハイブリットなお店は、民家だったそうで、塀を取り払い、曳き家をしてオープンスペースを確保したそうです。小布施に貢献したいと、他の町から寒天やさんが出店し、テラスでは無料でお茶が振る舞われています。


obuse_3.JPG
obuse_5.JPG

こちらの土蔵も曵き家したそうですが、土をつけたままでも出来るんですね。
壁の表情が実に素敵。

出来上がった広場は駐車場としても使われていますが、この敷石にも工夫がされています。有機的なパターンのように見えますが、さりげなく駐車位置を示しているのです。



obuse_6.JPG

この街区の魅力を高めている仕掛けに「オープンガーデン」があります。このサインがあるところは、個人宅のお庭にお邪魔していいということなんです。たとえば、こちらは町長さんのご自宅。


obuse_8.JPG

こんな素敵なお庭になっていて、誰でも通り抜け出来るんです。
お庭や路地やら、お店の中やら、通り抜け可能な場所が沢山あり、そうなると当然ながら、皆さん手入れをせざるをえませんね。


obuse_9.JPG

こちらのおしゃれな酒屋さん、桝一市村酒造。
かの有名な、アメリカ人女性、セーラ・マリ・カミングスさんが働いていた造り酒屋です。
台風娘といわれてたようですが、すばらしいブランディング力。小布施の町に対する貢献も並大抵なものではなさそうです。

obuse10.JPG

小布施北斎研究会を「国際北斎会議」にまでもっていたのも、彼女の力だと言われてます。
今彼女は、酒造を運営する小布施堂さんからは独立して「株式会社文化事業部」で活動されているようです。



obuse_11.JPGobuse12.JPG

栗の木レンガが敷き詰められた「栗の小径」を歩きながら、小布施の過去と未来にに思いを馳せたひとときでした。
お役所に、何をやってくれないなどと文句ばかりいっていてはいけませんね。自分の街は自分でつくっていかないと、、、






posted by mikihayashi at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

ごちそうさま! ミュンヘンの食

monaco_0107_1.JPG

ミュンヘンと言えば、バイエルン料理を食べなければ、、、
せっかく来たのだから、、というわけどビアレストランにも行きました。
とても有名はホフブロイハウスは、あまりの混雑であきらめ、旧市街の小さなレストランに。



monaco_0107_2.JPGmonaco_0107_3.JPGmonaco_0107_4.JPGmonaco_0107_5.JPG


これですからね〜。ついつい食べ過ぎに、、



monaco_0107_7.JPG

しかも、普段は朝ご飯は軽くしか食べないのに、朝食からこれですから。



monaco_0107_6.JPG

本当は、市場にも行きたかったのですが、タイミングが合わず残念ながら、、
しかし、旧市街の果物の出店で立派な柿を発見!
なんと、スイス産だそうですよ。温室栽培でしょうか?寒いところで甘い柿はできないと思っていたのですが、、、



monaco_0107_8.JPG

食後は、有名はアザム教会の内部に、、
このバロックのエネルギーには圧倒されます。
しかしまた、さらに満腹感が増してしまいました、、、



monaco_0107_9.JPG

一応、ちょっと街外れにあるニンフェンブルグ城にも足を運びましたが、、
どうも、お城が苦手な私です。
とにかくだだっ広くて、装飾過多という先入観があるもので、、


monaco_0107_12.JPG

ちょっと面白かったのは、庭園の植栽の雪囲い。
木製のちょっとした小屋です。


monaco_0107_10.JPG


歴史的街区が丁寧に修復されながら使われているのが、とても素敵だなあと思います。
この、何気ないファサードも、よく見ると表面の仕上げを階層で微妙に変えてあったりします。



monaco_0107_11.JPG

まだまだ、話題につきないミュンヘンの旅でしたが、今日はこの辺で、、、

残りは、帰国後に番外編としてアップしましょう。




posted by mikihayashi at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

ちょっとアートなひととき  ミュンヘンの一日

monaco_0106_1.JPG


やっぱり、探し出してここに来てしまいました、、、
ミュンヘンの地下鉄の駅がなかなか魅力的との噂を聞き、探し出したのがこの駅。

独特な詩的センスが光る照明デザイナー、インゴ・マウラー氏のデザインとか。



monaco_0106_2.JPGmonaco_0106_3.JPG

種明かしをすると、こんな感じで蛍光灯がついているだけなんです。
天井は白く塗装しただけ、壁は多分ほとんど手を加えていないようです。



monaco_0106_4.JPG


この大きなペンダントライトの先には、自然光が落ちる様になっていて、外からエレベーターで直接ホームにアクセスできるようです。

高い天井、柱のないプラットフォーム、光だけをテーマにした空間。
暫くここで過したいくらいでした、、、


monaco_0106_5.JPG
monaco_0106_6.JPG

日曜日は美術館が1ユーロで入れるとのことで、まずは現代美術館へ。



monaco_0106_7.JPGmonaco_0106_8.JPG


あまりゆっくりできなかったのが残念なのですが、余分なつくりこみのない、ニュートラルでゆったりした空間が現代アートの展示にはいいですね。




monaco_0106_9.JPG

もうひとつは、ユダヤ美術館。
チャペルには入れませんでしたが、旧市街の小さな広場に面して静かな存在感がありました。

旧市街は第2次大戦でかなりの被害を受け、多くが再建されたと聞きました。
それぞれの時代の建築を残しつつ、現代の建築のすがたはどうあるべきか、、
私たちは、まだまだ学ばないとならないようです。






posted by mikihayashi at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

オリンピックとオペラ ミュンヘンの一日

monaco_0103_6.JPG

ミュンヘンで過す土曜日の朝、あいにくの曇り空。
宿が旧市街から少し北に外れた住宅街にあり、オリンピック公園に近いので、今日はお散歩がてら出かけることにしました。

道中の住宅、ヘンゼルとグレーテルが出て来そうです。


monaco_0103_7.JPG

到着です。起伏があり、池もある広大な公園なんですね。


monaco_0103_15.JPG

土曜の午前中でもあり、走っている人多数見かけました。
雪だと聞いてランニングセットを持たずに来たのがちょっと残念です。


monaco_0103_14.JPG

この人も、おしゃべりしながらお散歩中。池に向かっているようですが、かなり凍っているので、どうするのやら。


monaco_0103_8.JPG

monaco_0103_9.JPG

メインスタジアムもグランドレベルからぐっと掘り下げてあるので、軽い透明な屋根とあわせて、実に軽やかですね。ボリュームを感じません。
これで7万近い座席数とか、、
どこかの超威圧的な競技場案とは大違い。


monaco_0103_10.JPG

ミュンヘンオリンピックが1972年ですから、43年前。当時はもちろん設計や構造計算にコンピュータを使っていなかったでしょうから、これらどれほどの手間だったことか、、

吊構造の透明な屋根の下に、内部の天井になっているテントが取り付いているんですね。
外周のガラスのカーテンォールとは縁が切れているんですが、その間にある皮膜構造のような干渉部にはちょっと驚きです。

monaco_0103_11.JPG

ちょっと、建築マニアックな写真ですが、、、


monaco_0103_13.JPG

こちらはプールの内部。
テント天井が、魅力ある内部空間をつくっていますね。


monaco_0103_12.JPG

構造設計者ばかりが表にでてくるオリンピック施設ですが、もちろん建築界も関わっています。
ちょっとググったところ、ギュンター・ベーニッシュという名前が出てきました。
建築史に出て来たかなあ。すっかり忘れています、、、


monaco_0103_16.JPG

起伏のある敷地を活かし、全体的に低く構成された建築群。
構造力学的には大きな冒険だったかもしれませんが、自然と風景への敬意を感じました。



monaco_0103_1.JPG

さて、今回のお楽しみのひとつは、これです。
ミュンヘン行きの航空券を予約してすぐに、チケットを予約。といっても、結局弟がプレゼントしてくれることになってしまったのですが、、、



monaco_0103_2.JPG

バイエルン州立(国立ともいいますが)歌劇場にはどうしても行きたかったんです、、
演目は、L'elisir d'amore(愛の妙薬)。
舞台の幕に描かれた不思議なUFOのような絵、一体なんなんでしょうか?


monaco_0103_3.JPG

オペラ座の開幕前って、本当にわくわくしますね。



monaco_0103_4.JPG

演出と舞台が実に斬新。
ちょっとグロテスクな部分もありましたが、スペクタクルとしてとても楽しめました!

こちらのオペラ座のページで、ちょっと雰囲気がわかりますよ。
https://www.staatsoper.de/en/productioninfo/lelisir-damore/2015-01-03-18-00.html?type=0&cHash=ebcc173400be4b746f7b5752c554a107

東京では味わえない、ちょっと贅沢な時間でした。





posted by mikihayashi at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

あけましておめでとうございます。 2015年はミュンヘンから。

monaco_0101_5.JPG


あけましておめでとうございます!
今年のお正月は、ミュンヘンで過しています。
元旦は、ちょっとだけ旧市街をお散歩。


monaco_0101_1.JPG

街を歩いていると、あれこれ建物のディテールとか、ついついカメラを向けてしまい、なかなか前に進みません。
連れ合いに怒られるので、程々にしないと、、、


monaco_0101_2.JPG

今年のミュンヘンは、白銀の世界。


monaco_0101_4.JPG

昼食後の腹ごなしに散歩したイングリッシュガーデン。
こちらも「犬は喜び、庭駆け回り、、、」ですね。
猫は何処にいるのでしょう?暖かい床暖房や暖炉で丸くなっているのでしょうか?


monaco_0101_8.JPG

いつもイタリアでお正月を過している私が、なぜ今年はドイツにいるのか、、、

実は、義弟を訪ねて、、
築15年の新しいアパート。設備も整っていて、快適そうな部屋です。
基本は床暖房。私からするとちょっと暖房効きすぎるくらいな感じ。


monaco_0101_7.JPG

明るくて清潔なダイニングキッチン。
キッチン設備は家を買った人が設置するのが、こちらでは普通だそうです。



monaco_0101_9.JPGmonaco_0101_10.JPG

ついつい、いろいろなところに目がいくのは職業病でしょうか。
給湯もセントラル方式なので、メーターがついているんですね。
しかし、3系統あって、それぞれにメーターが、、なんかひとつでも良いような気がしますが、、、

コンセントも最近は多めの様子。とはいえ、日本みたいに1カ所に3口なんてことはないようです。


monaco_0101_12.JPGmonaco_0101_13.JPG


この家の可愛い住人たちを、ちらりとご紹介しましょう。

パンドーロの箱を被ったちょっと怖い姿でふざけるマティアスくんと、チェスに夢中なルカくん。


monaco_0101_11.JPG

ミュンヘンですが、元旦のランチはイタリア風。
ザンポーネとコテキーノ。
美味しいけど、ちょっと重たい伝統的お正月料理。

こちらはお休みは1日だけ。
皆さん、2日からお仕事だそうです。

わたしは、もうちょっと、こっちでのんびりさせていただきます。

posted by mikihayashi at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

伊豆、夏の終わり

mumazu_0825.JPG

ちょっと遅めの夏休みをとりました。
高速を沼津で降りて、伊豆半島へ。

matu_0826_08.JPG


ずっと行きたいなあと思っていた、伊豆の長八美術館。
正直、建築としてはいまひとつ好きになれないのですが、左官職人の仕事には興味があります。
展示されていた物は、それなりに興味深かったのですが、美術館としては、、、、。

長八という左官職人の「技」は素晴らしくとも、左官の未来へのイマジネーションを感じる場となっていいるかどうか、、。
バブルの頃の遊びにあふれた建築意匠の他、左官で仕上がった展示室のクラックには、疑問を感じざるを得ませんでした。


matu_0826_1.JPGmatu_0826_2.JPG

しかし、松崎の町に残る、ナマコ壁の商家はなかなか魅力的です。
ここは、薬問屋だったそうですが、今もちゃんとお住まいのようです。

matu_0826_3.JPG


正面の佇まいもとても素敵です。


matu_0826_4.JPG


こちらは、重要文化財の岩科学校。
木造の学校ですが、やはり左官の仕事に見所一杯です。

matu_0826_5.JPG

洋風の意匠と和の素材の組み合わせに時代を感じます。

でも、こんな気持ちのいいバルコニーのある小学校、いいですね。


松崎町は桜餅につかうオオシマザクラの葉で有名で、出荷量は全国の70%を占めているそうです。

matu_0826_7.JPG

立ち寄った、お菓子屋さんのテラス席。
実は、東中野の家のお施主さんから教えて頂いた場所です。
大きな太鼓梁で支えられた下屋の庇。
陰影のある、良い空間をつくってます。

ケーキもとっても美味でした。

夏の終わりに人の少ない、西伊豆での休日。
ちょっとゆっくり、リフレッシュできました。






posted by mikihayashi at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

Milano 木曜日はミラノサローネ

mi_0414_1.JPG

今日は一日、ミラノサローネを見学。
といっても、本会場での展示会ではなく、街中で行われているイベントと展示を回りました。
サローネに毎年来ている友人のデザイナー、啓子さんに案内してもらいました。

Interface、タイルカーペットメーカーの展示ですが、床材を天井の鏡に映してみせる、なかなか面白い体験空間です。

mi_0414_3.JPG

今年は照明の展示がとてもいいそうです。

mi_0414_5.JPGmi_0414_4.JPG

照明というよりは、オブジェですが、、。

mi_0414_6.JPG

こんなことまでしなくても、、、

mi_0414_7.JPG

私がカメラを向けているは、赤いアクリルのペンダント。しかもその中からです。

mi_0414_8.JPG

ここは、照明メーカーのFlosとBMWがコラボレーションしている「Sesto senso(第6感)」という会場。
アクリルのペンダントはCitterioデザインの新作だそうですが、ここのインスタレーションがなかなか凄いんですね。

赤いアクリルの中から眺めると、BMWの映像が見える仕組み。
どうなっているか、、ちょっとここでは説明難しいなあ。
これはかなり秀逸。

mi_0414_9.JPG

今日は家具のショールームもかなり回りました。
ここ、Doriadeは歴史ある邸宅をそのまま利用していて、素晴らしいです。
でもこんな大きなベッド、日本ではなかなか置けませんね。

mi_0414_10.JPG

こういった歴史的価値のある壁画は、保守管理が大変です。
しかし、素晴らしい、、、。
時間が作り上げた層の厚み、そして先人の営みへのリスペクトが感じられます。

本当の豊かさは、貨幣に置き換えられない、長い時間がつくりあげたものにある、と思うのです。

mi_0414_11.JPG

こちらは今日見つけたチャーミングな中庭。こんなところにオフィスがあったら、仕事はかどりますよね。
それとも、ついつい中庭でお茶でも、、、ってなるか、、。

目が肥えて、脚が悲鳴をあげた一日でした。


posted by mikihayashi at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

門司港・小倉にて

moji_1009_1.JPG

木曜日の夕方から北九州に行っておりました。
どんな団体も一年に一回は「大会」「総会」というものがあるのですが、所属していてもなかなか遠方では出席できないものです。
私の所属している日本建築家協会の大会が小倉で開かれ、初めて参加してきました。


kokura_1009_3.JPG

会場となったのは小倉の北九州国際会議場。磯崎新さんの設計です。
小倉の駅前、そして港がそのまま直結していて、コンビナートの煙突が背景になっています。

2日間、シンポジウムや報告会に参加。ずっと座っていて、正直、ちょっと腰が痛くなりました。

シンポジウムの目玉は、お茶の間でも有名な東大の先生、姜尚中氏の講演。これは公開講座でしたので、大変な人気で市民が行列していました。

EUのように九州ユニオンをつくり、アジアの拠点となって、韓国とも自由に行き来できるようにしましょう、というような構想で、氏の例えでは、福岡がドイツ、熊本がフランスとのことで、会場の笑いを誘いました。種を明かせば、熊本出身の氏の情熱がそこに現れていたようなのですが、、、。

もう一つ、満席となったのが建築家谷口吉生氏の講演でした。私の尊敬する建築家のひとりなので、とても楽しみにしておりました。

kokura_1009_2.JPG

25年前の資生堂アートセンター、土門拳記念館から、最近の作品、進行中のプロジェクトまで、飾らず明解なお話で興味深く、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

資生堂アートセンターはじつは美術品や商品パッケージなどのための「倉庫」をつくってほしいとの依頼だったそうです。
それを、美術館にして施主を説得してしまうとは、、、これも才能ですね。

谷口さんの近作に、広島の清掃工場がありますが、これさえも「見せるゴミ処理場」に仕立てています。
中央を貫通する、海へと向かう「道」が、広島の平和記念館からつながっているそうです。この建築には、実は強い象徴性が込められていることがわかりました。

周辺の名建築も「作品」の一部として取り込んだと言われる最近の代表作、NYのMOMAには、是非とも足を運びたいです。



moji_1009_0.JPG


東京に帰る間際、どうしても門司港が見たくて、電車にのりました。
初めて見る、白い関門橋。今見れば、さほど大きな橋とは言えませんが、当時は大変なことだったであろうことが想像できます。


moji_1009_6.JPG

港に行くと心が躍るのはなぜなのでしょう。

門司港は観光スポットとして整備され、夜はライトアップもしているようです。
このコンパクトなスケール感がいいですね。


moji_1009_3.JPGmoji_1009_2.JPG


門司港は木造の駅舎で有名ですが、よく見ると鉄骨とのハイブリット構造のようです。
確かにレトロですが、十分駅として機能しています。いいですね。


moji_1009_4.JPG

観光ガイドには載っていませんが、駅舎の横にあるJR北九州のビル、なかなかの存在感です。
これは、「旧・三井物産門司支店」で松田平田建築設計事務所の創設者、松田軍平の設計だそうです。

現在、耐震改修等に着手しているようですが、本来の建築がもつ良さを活かして、更に魅力的なものへと転換してほしいと思います。

滞在時間45分の門司港観光、大きな空と輝く海を眺め、満喫しました。
posted by mikihayashi at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

寄り道してきました!

土曜日は、緑の列島木の家スクールで話をする機会を頂きました。参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
私の前に話をされた澁澤 寿一さんはNPO樹木・環境ネットワーク協会の理事長さんでいらっしゃいます。循環系社会のすばらしさを淡々と語られ、会場にいた私たちの心に響きました。すばらしいお話でした。
私が以前務めていた事務所のリーダーであった池田武邦さんと大変親しいということが判明!いろいろ、つながってますね。

その後、まずは浜松で寄り道。
デニッシュインテリアズさんのショールームへ。
倉庫をそのままショールームにした、カジュアルな雰囲気でした。(ごめんなさい、写真とりそびれました)

東京ではなかなかこんなにまとまって北欧家具をみることはできません。
いいなあ、スペースたっぷりで、、。

そして、日曜日。静岡の友人と静岡市内の北欧家具屋さんへ。
(私はやはり家具はスカンジナビアびいきなんで、、、)

それが、ここ。クラフトコンサートさんです。

shizuoka_1.JPG

旧東海道の丸子宿界隈で、現在も養蜂などをやっている集落の一角にあります。
民家を使って、なかなか魅力的な空間です。

shizuoka_2.JPG

納屋だったというエントランスを入るとヤコブセンの椅子が迎えてくれます。

shizuoka_4.JPGshizuoka_3.JPG

和の空間にも映えますね。

shizuoka_5.JPG

ここは縁側の外に増築したようですが、周囲の緑が写りこんでいい感じ。
私はふっと、デンマークのルイジアナ美術館を思い出しました。


shizuoka_6JPG.JPG


竹やぶの奥の別館はもと旅館だったとか。
こちらもウェグナーの家具に緑陰のなかで触れる事ができます。

また行きたいなあ。


posted by mikihayashi at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

上海・杭州 8

最後にお気に入りのショットを。


omake_10.jpgomake_09.jpg

瓦と草の競演。


shoku_04.jpgshoku_03.jpgshoku_01.jpgshoku_02.jpg

これ、みんな食べるんです。黒竹の皮をそいで、女の子たちが食していました。レストランの生け簀で泳ぐ赤い魚。

miyage_01.jpgmiyage_02.jpg

つい、お買い物してしまった陶器店、海上青花。陶器を組み込んだ家具もすてき。


posted by mikihayashi at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上海・杭州 7

杭州、霊隠寺の石仏。

tera_01.jpg

tera_02.jpg

鍾乳洞の中にも、、、、

tera_03.jpg




posted by mikihayashi at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上海・杭州 6

さあて、駅、飛行場編です。


eki_01.jpg

上海南駅より高速鉄道で杭州へ。

eki_07.jpg

揺れも少なく、なかなか快適。

eki_03.jpg

古都杭州の中央駅。どっかの国の古都の駅舎がふっと脳裏をかすめる。

eki_05.jpg

待ち合いのひとひとひと。。。。中国で建物を造っている皆さん、室内の吸音はしっかりお願いします!!

eki_08.jpg

浦東空港第2ターミナル。オープンしたばかり。フランス人建築家設計の第1ターミナルに対して、こちらは地元の設計者とか。
シンプルな導線、シンプルな架構。


posted by mikihayashi at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上海・杭州 5

koshu_01.jpg

杭州、西湖は実にフォトジェニック。

koshu_02.jpg

koshu_03.jpg


koshu_08.jpg

写真撮影する新郎新婦。

koshu_07.jpg

久しぶりにゆっくり夕暮れを楽しむ。
続きを読む
posted by mikihayashi at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上海・杭州 4

人ごみ苦手人なので、商場を足早に抜け、古典庭園の豫園へ。

yoen_01.jpg

明代の意匠、ワンショット。

yoen_14.jpgyoen_08.jpgyoen_07.jpgyoen_04.jpgyoen_03.jpgyoen_02.jpgyoen_15.JPGyoen_06.jpg

続きを読む
posted by mikihayashi at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上海・杭州 3

shanhai_01.jpg

上海、街角ショット。

shanhai_05.jpg

週末にいったのは失敗だったか、、、。人だかりの黄浦公園。

shanhai_19.jpg

おしゃれな場所といわれる、新天地。スタバは一等地を占領。東京より外国人が多い感じ。

続きを読む
posted by mikihayashi at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上海・杭州 2

宿泊したのは1846年創業の浦江飯店。

浦江飯店_11.jpg浦江飯店_05.jpg浦江飯店_05.jpg


最初はリーズナブルなペントハウスに、最後だけちょっと豪華な部屋に。

浦江飯店_01.jpg浦江飯店_13.jpg浦江飯店_15.jpg浦江飯店_14.jpg



続きを読む
posted by mikihayashi at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上海・杭州 1

ブログ引っ越しして慣れないので、練習がてら中国旅の写真をアップしてみます。

浦江飯店_09.jpg
posted by mikihayashi at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人目線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする