2015年06月24日

小さな土壁の家 完成見学会のお知らせ 

soshigaya_0624_2.jpg


敷地19坪。床面積19坪弱の小さな土壁の家、完成しました!

本日完了検査も終えました。
ということで、完成見学会開催します。


小さな土壁の家 完成見学会


東京の木を使った小舞土壁の住宅が竣工します。
都内準防火地域に建つ、床面積面積19坪弱、2階建ての小さな家。

建て主さんのご厚意で完成見学会を開催することになりました。
皆様のお越しをお待ちしております。

日時:2015年7月5日(日)13:00〜17:00
場所:東京都世田谷区祖師谷
   

見学ご希望の方は、Studio PRANAのコンタクトフォームから件名を「祖師谷の家完成見学会」としてお申込みください。
http://www.prana-trees.com/contact/index.html


その際に同伴者の有無、人数、いらっしゃる時間帯(例えば14時頃)をお知らせください。
折り返し、住所をお知らせいたします。
なお、今回は引渡後の見学会となっておりますので、ご配慮くださいますようお願い申し上げます。
(お車でお越しの方は、近隣のコインパーキングをご利用ください)

連絡先
Studio PRANA (林)
contact@prana-trees.com


少しだけ、写真をアップします。

soshigaya_0624_4.jpg

階段室から小屋組みを見上げたところ


soshigaya_0624_6.JPG

面積は小さいのですが、南東に開けた良い敷地。
窓からは向いのお宅の紅葉が借景で。


soshigaya_0624_5.JPG

今回のお気に入りの場所のひとつ。


soshigaya_0624_7.jpg

洗面所も杉の香りが一杯。


soshigaya_0624_1.JPG

土壁なので、準防火地域でも普通に板張りの外装ができます。
開口部も今回は防火雨戸をいれることで、網入りでない普通のサッシを入れています。

コスト調整のため、内装や建具を先送りにするなど、潔いところも多々。

是非ともご高覧ください。


posted by mikihayashi at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

Studio PRANAの事務所ごはん ー初夏の味ー

lunch_150610.JPG

Studio PRANAのお昼ご飯は、結構評判がいいんですよ。
私が事務所にいるときは、できるだけ作るようにしてます。
せっかく作ったからと、FBページにアップ。
写真を撮るからには、ちょっと盛りつけにも気をつけて、、、


lunch_0605.JPG

今日は初夏のメニュー特集です。
夏野菜も美味しい季節になってきました。
美味しいトマトを手に入れたら、やっぱり冷製パスタ。


IMG_1383.JPG

おにぎりランチも野菜をたっぷり添えて。


IMG_0491.JPGIMG_0493.JPGIMG_1283.JPGIMG_2074.JPGIMG_2339.JPGIMG_6125.JPGIMG_6491.JPGlunch_0525.JPGlunch_0601.JPGIMG_1246.JPG




insalata.jpg

母が育てている庭の野菜を摘んで、食卓へ。
今はロメインレタス、春菊が食べごろです。
夏野菜の収穫、楽しみです〜。






posted by mikihayashi at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | my favorite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

家の医者、住宅医の仕事

takaido_1.jpg

最近、解体工事をしているところが多い様に思いませんか?
「空家等対策の推進に関する特別措置法」が5月26日にに施行され、今までは家が建っていれば更地の場合の1/6で済んでいた土地の固定資産税が、「特定空家」と認定されると更地と同じ税率になるようです。

それで空家を活用する方向へと、動き出しているならいいのですが、はたしてどうなのでしょうか?

さて、Studio PRANAで手がけた「高井戸の家」の敷地にも、実は空家がありました。

家主を失って、そのままになっていたのですが、最初に家族の方からご依頼を頂いた時は、家をリフォームして、ご高齢のお姉様お二人の住まいにしたいというものでした。



takaido_2.JPG
takaido_3.jpg


そこで、私はまずは「住宅医」による調査診断をされることをお薦めしました。
「住宅医」というのは、㈳住宅医協会が認定している、まさに住宅の医者のようなもの。
私も1年のスクーリングと認定会という実際の改修事例発表会を経て「住宅医」となりました。

住宅医による調査は、10〜20名のメンバーで、床下天井裏などにも潜り、耐震性、劣化状況など様々な項目で診断をします。


takaido_4.JPG

高井戸の家の調査報告書です。
かなりのボリュームになります。

人なら「人間ドック」に入るようなもので、これによってその住宅の構造から省エネ性能など全てがわかり、今後の「治療」とも言える改修計画が的確にできるようになるわけです。
調査は健康診断と同じ様に、耐震のみ、劣化のみということもできます。



takaido_5.jpg

高井戸の家の場合、それらの調査の結果、増改築などによって構造的にもかなり問題があることなどが判明したため、結果としては建替えを選択をしました。

改修工事を選択する場合でも、総合的に住宅の状態をチェックすることで、予算をどこに重点的にかければ良いのかわかりますよね。


Studio PRANAは東京都の木造住宅耐震診断事務所にも登録しており、杉並区の特定木造耐震診断士としても登録しておりますので、杉並では助成金を使っての耐震診断と改修に対応できます。

耐震改修助成
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/guide/guide.asp?n1=80&n2=150&n3=400


シェアハウス「CORE牛込若松」も空家の有効活用といえます。

Studio PRANAでは古い家の活用方法などもご相談にのります。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

posted by mikihayashi at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

昭和の住宅、仕舞いのとき 萩原邸

hagiwara_1.JPG

「家を建てる、家を調べる、家を直す」ことは、いつも仕事でやっているのですが、
今回は「家を仕舞う」ことのお手伝いをするという、初めてのことに係わることに、、、

その家というのは、築57年になる端整な住宅。


hagiwara_1-2.JPG

無栗のある大きな瓦屋根と、周囲に回された下屋が特徴で、大谷石が使われている玄関アプローチも実に魅力的です。


hagiwara_1-1.JPG

南側の深い軒。出し桁は華奢で軽やかです。


hagiwara_2-2.JPG

この家の持ち主の方が荷物を片付けていると、この住宅が掲載されている建築雑誌「建築界」と工事中の写真アルバムが見つかったそうです。

hagiwara_2-1.jpg


設計者はT.Y.G建築研究会とあります。一体何者なのでしょうか?
当時の他の雑誌をあたったり、その時代のことを知っていそうな方に聞いたりしたのですが、未だ謎のまま。


hagiwara_2-3.jpg

写真資料も大変貴重なものです。建前の写真には、桁の上にずらっと祝樽が並んでいます。


hagiwara_3.JPGhagiwara_4.jpg


門扉と低い大谷石の塀など、大変モダンな印象です。
敷石は鉄平石。私の実家にも以前ありました、、、


hagiwara_5.JPGhagiwara_6.jpg

大谷石はインテリアにも使われています。


hagiwara_14.jpg

こんな懐かしいドアノブも残っていました。
手を入れる必要はありますが、まだまだ十分住めそうな魅力的な住宅。
活用の方法なども探りましたが、残念ながら6月一杯で解体することとなりました。



hagiwara_7.JPG

家は大切に住んでくれる人があってこそ生き続けるもの。
家にも終わりの時が来るのは、しかたのないこと。
そうであれば、せめてみんなで丁寧に、この家を見送って上げようと、5月30日、31日とお別れ会を開きました。

エコハウス研究会の丸谷博男さん、遠藤新さんのお孫さんでもある建築家の遠藤現さんにもご協力頂き、まずは実測会とミニセミナーを開催しました。

武蔵野美大大学院の源先生にもご協力頂き、「遠藤勝勧さんの見る、測る建築@萩原邸」には学生さんが大勢参加。
杉並たてもの応援団の面々も、現況実測に参加してくれました。手慣れているのであっという間に図面ができていきます。流石ですね〜。

お施主さんは、BBQでみんなをもてなしてくださいました。


hagiwara_8.JPG

翌日はお別れイベント。

練馬を歌うシンガーソングライター、谷修さんがギター片手に登場!
ローカルな街の風景を優しいメロディに載せて歌ってくれました。



hagiwara_9.jpghagiwara_10.JPG

そして、丸谷博男さんが、この家との別れから生まれた詩を朗読してくださいました。
大槌町支援で集まった「ひょっこりどんぶりコーラス」のお姉様達の歌声やホルンの演奏。



hagiwara_11.JPG

久しぶりに、大勢の人が集い、家も喜んでくれたことでしょう。

私もこの素敵な家との別れはとても辛いけど、長い間お疲れさま。
そして、本当にありがとう。


hagiwara_12.JPG





ラベル:解体 昭和の住宅
posted by mikihayashi at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

土壁、中塗りしてます! 祖師谷の家

soshigaya_0527_1.JPG

足場の取れた祖師谷の家。
杉の外壁と軒裏が姿を現しました。


soshigaya_0527_2.jpg

通りからはこんな姿。
小さな敷地ながら、南と東は開けています。


soshigaya_0527_3.JPG

でも裏側はぎりぎり、、


soshigaya_0527_4.JPG

今日はインターンくんも連れて現場へ。
左官の江原さんが、内部の土壁塗っていました。


soshigaya_0527_5.jpg

土壁と電気の配線やボックスのからみははなかなか面倒。
割れないように、メッシュを塗り込んでいるようです。


soshigaya_0527_6.JPG

お天気が良いので、乾き具合は順調とのこと。
さあて、もう一息。
追い込みに入っています。


posted by mikihayashi at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 祖師谷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

井荻ロハスデイ 5月9日(土)開催です!

lohasday_fry_2015.jpg

地域イベント「井荻ロハスデイ」にStudio PRANAも参加します。

連休明けの5月9日(土)11:00-15:00、但し雨天順延。
というのも、この日は井荻駅近くでフリーマーケットが開催されるので、それにあわせて近くのこだわりのお店の人たちと企画したちょっとしたプチイベントです。



lohas_11.jpg

こちらは一昨年の秋にジャスミン漢方薬局さんで開催している様子。


lohas_1.JPG

Studio PRANAのあるのは、地下がダンススタジオ「スタジオリズムーン」、その他地域の人たちとの会合に使うコモンルームなどもあるちょっと開かれた建物。

駐車場の屋根は緑化されて畑になっているのですが、今回はこの場所を使ってちょっと出店やります!


lohas_3.JPGlohas_4.JPG

庭も開放します。庭といっても、どちらかというと、畑。



lohas_7.jpg

でも、庭の野菜でこんなブーケもつくれます。これ、全て食べられる葉っぱばかり。
ブーケの販売もしようかな?


lohas_9.jpglohas_8.jpg

最近母がせっせと作っている袋物、こちらも出店予定。
あと、私の秘蔵の雑貨を少しばかり出そうと思ってます。
なにがあるかは当日のお楽しみ!


lohas_10.JPG

あ、忘れてました。お抹茶とお菓子のサービスしますよ〜。
どうぞ、庭の木陰で一服して行ってくださいね。


lohas_5.JPG

みかんの花が間もなく開花しそうです!

お湯を沸かして、皆様のお越しをお待ちしております。


Facebookのイベントページもどうぞご覧ください。
https://www.facebook.com/events/459950137500882/

posted by mikihayashi at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域とコミュニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

外壁の焼杉、出来ました!佐倉の家

sakura_1.jpg

先日練習した「焼杉」つくり、いよいよ本番です。

前日の雨で、板がちょっと濡れてしまっています。
大丈夫でしょうか?

sakura_2.jpgsakura_3.jpg

9時から準備し、濡れた板を乾かすべく立て掛けたりして、いよいよ作業開始。

お施主さんも完全防備で、やる気満々のご様子。
うちのアシスタントのユリちゃんは、なんと自宅から使い込んだツナギ姿でやってきました。
もと美大生だけあって、なかなかお似合いです。



sakura_5.jpgsakura_4.JPG

この日は筑波から強力な助っ人も参加。
みどりさん、今日が初めてというのに、てきぱきと、また作業姿も手慣れた感じ。さすがです。


作業風景、動画はこちらからご覧ください。
http://youtu.be/bRR2k94ts7k



sakura_6.jpgsakura_7.JPG

労働のあとのお昼は美味しいです、、、
お施主さんがカレーを用意してくださいました。
ごちそうさまでした!


sakura_8.jpg

さて、後半戦です。残りの板を全て並べて準備します。



sakura_9.jpg

お施主さん、ご主人もすっかり没頭しているようです。



sakura_10.jpg

出来上がりはこんな感じ。鱗状に炭化しているのがわかりますね。



sakura_12.jpg

最後に水をかけて、くすぶっている火を消します。
雨に濡れても、こんな感じで炭化した部分はそのまま残るんですね、きっと。



sakura_13.JPG

本日の成果品。120枚程焼きました。
チームワークも良く、午後も3時前には作業完了。

みんな、身体中スモークされて、香ばしい匂い。(笑)
天候にも恵まれ、爽やかな陽気だったので、とても気持ちよく仕事ができました。

楽しくなってしまったようで、「今後も焼き杉することがあれば、手伝いに行きますよ」と、お施主さん。

ではでは、これからは「焼き杉隊」なるもの結成して、必要とあれば出動することにしましょうか。


yakisugi_shugos_s.jpg

posted by mikihayashi at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐倉の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

焼杉体験! 佐倉の家

yaki_7.JPG

焼杉、好きなんです。
その風合い、そして、外部に使った時の耐久性、さすが古の知恵です。
ですが、なかなか採用されないのは、既製品は薄い板材で、焼杉仕上げという感じ。
岡山には、注文でつくってくれるところもあるようですが、関東まで運んだら運搬費がかさんでとてもとても、、
それから、施工時は大工さんも大変です、、


yaki_2.jpg

今回、佐倉の家のお施主さんが焼杉に外壁をしたいとのことで、自分たちでつくってみますか?ということになりました。

いつも、自分で焼杉をやっているシティ環境建築設計の高橋昌己さんが、指導して下さるということで、今日はお施主さんと一緒に事務所にお邪魔しました。

古来の方法は板を3角に立てかけて火を燃やすとのことですが、市街地ではとてもそんなことは出来ません。
高橋昌己さんは強力なバーナーで焼く方法をとっているそうです。

作業場の壁で、焼き具合を示す高橋昌己さん。3ミリくらい炭化させるのが理想だそうです。
表面が鱗状になるまで、気長に焼く必要があります。



yaki_1.JPG

地面に板を置き、作業開始。
ちょっと表面をあぶったところ。


yaki_4.jpg

アシスタントのテルちゃん、挑戦中。



yaki_5.JPG

バーナーでじっくり、焼いているところ。



yaki_6.JPG

鱗状になったところで、だいたい2ミリくらいは炭化層が出来ていました。



yaki_8.JPG

最後はジョウロで水をかけ、火を消します。

さて、再来週は本番です。
今日はちょっとだから、楽しく出来ましたが、実際は一日がかりで4mもの材材を120枚焼くことになるので、根気が続くかどうか、、、

さあ、お施主さんと一緒にがんばりますよ!


posted by mikihayashi at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐倉の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

お宅訪問!&『住む.』に掲載! 調布の家

ito_1.JPG

4月5日、職方共々調布の家の建て主さんからご招待を頂きました。
あいにくの雨。お天気ならこの広〜いデッキで、みんなでワイワイできたのですが、、



ito_2.JPG

というのも、デッキからは斜め向いにある神社の桜のお花見ができるんです。
散り始めてはいるものの、まだまだ桜色。



ito_4.JPG

しかし、いつもながら、大変なごちそう!
近所の元魚やさんがやっている食堂からは、新鮮なお刺身と揚げたてのフライも届き、テーブルの上が一杯です。
その他のスペアリブやアヒージョ、ホタテの炊き込みご飯にパエリアまで、、
あまりに美味しくて、ついつい飲み過ぎ、食べ過ぎに、、



ito_5.JPGito_6.JPG

食卓でも、居間でも、すっかりみんなリラックスしてしまっております。



ito_3.JPG

外構には植栽も入って、お風呂からも緑が楽しめるようになりました。
以前庭にあった紅葉も無事移植できたようです。
木々が育って来るのが楽しみですね。

美味しくて、楽しい機会をつくってくださった建て主さんに感謝!
私たちも共に見守らせて頂きますが、どうぞ末永く、宜しくお願いいたします。


sumu_150321.JPG

そうそう、調布の家は今発売中の『住む。』春号に掲載されました。
「チームで建てる、東京の木の家」として、棟梁、材木屋さんとともに記事になっています。
ご覧頂ければうれしいです。


posted by mikihayashi at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 調布の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

外壁工事中!祖師谷の家

soshigaya_0313_1.JPG

敷地面積、延べ床面積19坪という、小さな土壁の家、世田谷で進行中です。



soshigaya_0313_2.JPG

1階に寝室と水回り、2階は概ねワンルームとなっています。(畳コーナーあり)



soshigaya_0313_3.JPG

大工のリョウジ君が準備しているのは外壁材です。
ここは世田谷区の準防火地域ですが、土壁+板張りで防火構造となっています。



soshigaya_0313_4.JPG

外壁張り、着々と進んでいます。


soshigaya_0313_5.JPG

玄関の庇はこんな感じです。建築面積に入らない、ぎりぎりの寸法。


soshigaya_0313_7.jpg

今回、こんなポスターを作ってみました。
「承前啓後 -優れた技術を現代に活かし未来につなぐ-」 をキャッチフレーズに!
いかがでしょうか?


soshigaya_0313_8.JPG

世田谷区も生産緑地が残っていますね。
斜め向いは梅林。
いい香りがしてきます。

さて、季節も気持ちよくなっていました。
現場の皆さん、宜しくお願いいたします。


soshigaya_0313_9.jpg




posted by mikihayashi at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 祖師谷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする